15TWILIGHT・GAMES(第15回トワイライト・ゲームス)

※2019年7月27日 現在

 

男子100m

最速の称号は誰の手に

 

 100mの直線を誰よりも速く駆け抜ける、まさに最速の称号かけた一瞬の戦い。陸上競技の花形種目ともいえる100m。
 注目は関東インカレ2連覇を果たした宮本大輔(東洋大・2年)。ユニバーシアードでは100mでは7位入賞。大舞台での強さが持ち味だ。同学年のデ゙ーデーブルーノ(東海大・2年)にも注目だ。春先に10秒29をマークし調子は好調、ユニバーシアードでも400mRの優勝に貢献した。また、原翔太(スズキ浜松AC)の自己記録は10秒13で出場選手の中でも飛びぬけており、調子次第では圧勝となろう。その他上位選手に記録の大きな差はなく、混戦が予想される。 約10秒間の一瞬の出来事、ゴールまで一瞬たりとも見逃すな。

瀬尾 英明 順天堂大学
PB:10.43
SB:10.43
意気込み:ナイターの試合になりますが、楽しみなので、全力で自分の強みを出すレースにします!

木下 裕貴 順天堂大学
PB:10.54
SB:10.66
意気込み:初めてのトワイライトですが、インカレA標切りを目指して、積極的なレースをしたいと思います。

大久保 公彦 中央大学
PB:10.29
SB:10.29
意気込み:

染谷 佳大 中央大学
PB:10.38
SB:10.46
意気込み:

宮本 大輔 東洋大学
PB:10.23
SB:10.24
意気込み:

松尾 隆雅 東洋大学
PB:10.42
SB:10.42
意気込み:

江藤 拓都 法政大学
PB:10.68
SB:10.70
意気込み:

田中 優作 流通経済大学
PB:10.58
SB:10.58
意気込み:"招待試合に出場できると思っていなかったので、レベルの高い試合で走れることは嬉しいです。
課題のスタートを決めて、うまく走ることができれば、ベスト記録も望めると思います。"

原 翔太 スズキ浜松AC
PB:10.13
SB:10.34
意気込み:シーズンベスト目指して頑張ります。

水久保 漱至 城西大学
PB:10.40
SB:10.40
意気込み:自己ベスト更新且つ優勝目指して頑張ります。

鈴木 涼太 城西大学
PB:10.33
SB:10.48
意気込み:

齊籐 斗把 城西大学
PB:10.44
SB:10.44
意気込み:

安田 圭吾 大東文化大学
PB:10.47
SB:10.59
意気込み:全力で頑張りたいと思います!

デーデーブルーノ 東海大学
PB:10.29
SB:10.29
意気込み:

 

 

男子400m

【トラック1周を制するのは】

 

今大会注目選手は、日本選手権で圧倒的な強さを見せて優勝を手にした、ウォルシュジュリアンジャミィ(富士通)。学生時代にマークした自身の大会記録を、4年ぶりに更新なるか。続く注目選手は、5月に行われた世界リレーでウォルシュらと世界大会最高位タイの4位でドーハ世界選手権の出場権を獲得した、若林康太(駿河台大・4年)。今年の関東インカレでは準優勝している。短距離種目の中で特にラストが苦しいこの種目、夕暮れのゲームで、トラック1周を誰が制するのか注目だ。

若林 康太 駿河台大学
PB:45.81
SB:46.34
意気込み:一生懸命頑張ります

星野 蒼太 東京経済大学
PB:47.20
SB:47.20
意気込み:ベスト出せるように頑張ります。

小久保 友裕 早稲田大学
PB:46.67
SB:46.87
意気込み:ベストを尽くして頑張ります。

村木 渉真 早稲田大学
PB:46.92
SB:47.08
意気込み:ベストパフォーマンスが出来るように頑張ります。

大谷 尚文 慶應義塾大学
PB:46.89
SB:46.89
意気込み:400mは黄昏フォルムで頑張ります

吉津 拓歩 東洋大学
PB:46.85
SB:46.85
意気込み:

松原 秀一郎 東洋大学
PB:46.83
SB:46.83
意気込み:

ウォルシュ ジュリアン ジャミィ 富士通
PB:45.35
SB:45.45
意気込み:世界陸上の代表目指して、標準記録突破を目標にしています。

松尾 脩平 筑波大学
PB:46.81
SB:47.45
意気込み:

 

 

男子800m

「トラックの格闘技」王座を掴むのは

 

トラックの格闘技と表されるほど熱き戦いが火花を散らす800m。注目は日本選手権2年連続表彰台の西久保達也(早大・4年)。今期は関東インカレ1部3位、日本選手権3位と悔しさが残る。また、日本選手権4位の瀬戸口大地(山梨学大・3年)、実業団からは日本選手権5位の市野泰地(ROBEL)も出場。この3人を中心にレースが繰り広げられるだろう。さらに、関東インカレ2部優勝の石川昌樹(横国大・1年)、3部優勝の齋藤未藍(青学大院・2年)にも期待したい。ラストスパートまで目が離せないこの種目の王座は誰の手に。

根本 大輝 順天堂大学
PB:1:50.24
SB:1:50.24
意気込み:自己ベストで優勝目指します!

林 貴裕 順天堂大学
PB:1:48.19
SB:1:51.60
意気込み:優勝目指して頑張ります!

齋藤 未藍 青山学院大学大学院
PB:1:48.74
SB:1:49.85
意気込み:最後のトワイライトゲームスなので、悔いのない走りが出来るように頑張ります!!!

西久保 達也 早稲田大学
PB:1:48.13
SB:1:48.26
意気込み:自分も相手も、見ている人も楽しめるレースをしたいです!

瀬戸口大地 山梨学院大学
PB:1:48.34
SB:1:49.17
意気込み:自分の力を発揮できるよう頑張ります。

三浦 天道 慶應義塾大学
PB:1:50.94
SB:1:51.94
意気込み:周りがレベル高い方々ばかりですが、同じ人間なんで勝つ可能性がなきにしもあらずってところですね

薄田 健太郎 筑波大学
PB:1:49.27
SB:1:49.94
意気込み:優勝&自己新

坂本 陸 東洋大学
PB:1:49.02
SB:1:49.34
意気込み:

入江 亮輔 日本大学
PB:1:49.21
SB:1:49.21
意気込み:がんばりまっちゅ〜ん!

浅海 雄太 流通経済大学
PB:1:51.22
SB:1:51.22
意気込み:

鹿居 二郎 亜細亜大学
PB:1:48.80
SB:1:50.57
意気込み:

市野 泰地 ROBLE
PB:1:48.01
SB:1:48.01
意気込み:楽しみます!

石川 昌樹 横浜国立大学
PB:1:50.01
SB:1:50.01
意気込み:

佐々木亮介 國學院大学
PB:1:50.49
SB:1:50.91
意気込み:

 

 

男子1500m

『豪華メンバーによる熱き優勝争い』

 

優勝候補の1人目は、関東インカレ2部と個人選手権を制したダニエル・カヨウキ(桜美林大・1年)カヨウキ。自己ベストは関東インカレでマークした3分45秒32。タイム以上に独走で優勝しており強さを見せている。もう一人は、中四国インカレを制した勢いそのままに、個人選手権では2位に入り全国の舞台でも力を発揮した今季好調の平岡錬(環太平洋大・4年)。その他、3分46秒33のじこべすとを今期マークした三津家貴也(筑波大学大学院・M1年)も注目だ。
現役学生トップのプライドか、留学生の意地か、それとも下克上なるか。目まぐるしく順位が入れ替わり、最後の直線までもつれる激戦に目が離せない。

原田 凌輔 順天堂大学
PB:3:49.72
SB:3:51.20
意気込み:頑張ります。

吉里 駿 駿河台大学
PB:3:48.26
SB:3:48.26
意気込み:精一杯頑張ります

前川 優月 東京国際大学
PB:3:48.04
SB:3:49.36
意気込み:自分よりタイムが上の人達に勝てるよう全力を尽くします。

久保田剛史 慶應義塾大学大学院
PB:3:54.22
SB:3:54.22
意気込み:ホームの地の利を活かして最高の走りができるように頑張ります!

岩城 亮介 日本大学
PB:3:49.19
SB:3:49.19
意気込み:招待していただいたので優勝めざして頑張ります。

樋口 翔太 日本大学
PB:3:48.68
SB:3:49.24
意気込み:

平岡  錬 環太平洋大学
PB:3:45.96
SB:3:45.96
意気込み:

三津家貴也 筑波大学大学院
PB:3:46.33
SB:3:46.33
意気込み:自分らしくひたむきに頑張ります。

ダニエル カヨウキ 桜美林大学
PB:3:45.32
SB:3:45.32
意気込み:

 

 

男子110mH

【超越 ―こえろ―】

 

昨年日本新記録が樹立されたこの種目、今年の日本選手権では高山峻野(ゼンリン)・泉谷駿介(順大・2年)が決勝で日本記録タイをマークし盛り上がりをみせている。その両名は出場しないが、今大会の注目選手は先月の学生個人選手権で3位に入賞している樋口陸人(法大・2年)、昨年度の関東新人チャンピオンの河嶋亮太(東海大・3年)そして、出場選手トップタイムとなる13秒47を持つ、矢澤航(デサントTC。)約110pのハードルを飛び越える中でいかにスムーズに走り、インターバルの3歩を素早く刻んでいけるかが、この競技の勝負を握る鍵になるだろう。

五十嵐 礼 国際武道大学
PB:14.02
SB:14.12
意気込み:後半シーズンに繋がる走りをします!

森戸 信陽 早稲田大学
PB:13.91
SB:13.97
意気込み:積極的なレースをします!

富山 弘貴 慶應義塾大学
PB:14.35
SB:14.51
意気込み:いつだって二人三脚(結果)

樋口 陸人 法政大学
PB:13.92
SB:13.92
意気込み:打倒、高田一就。

横地 大雅 法政大学
PB:14.13
SB:14.13
意気込み:よっしゃー!!!

矢澤 航 デサントTC
PB:13.47
SB:13.60
意気込み:試合が盛り上がる走りをします。よっしゃー!

後藤 瑞貴 東京農業大学
PB:14.52
SB:14.52
意気込み:

中野  昴 青山学院大学
PB:14.16
SB:14.16
意気込み:

河嶋 亮太 東海大学
PB:13.85
SB:13.85
意気込み:

吉田 昂央 東海大学
PB:13.99
SB:13.99
意気込み:

北木 裕太 日本体育大学
PB:13.99
SB:13.99
意気込み:

中田 英駿 順天堂大学
PB:14.06
SB:14.06
意気込み:

 

 

男子400mH

【「強さ」をめぐる戦い】

 

関東インカレ男子1部を制し、世界陸上の標準記録を突破した豊田将樹(法大・4年)、続く2位となり法大ワンツーフィニッシュを果たした高田一就(法大・4年)をはじめ、関東インカレ男子1部の決勝出場者6名が参加するこのレース。特に黒田佳祐(日大・4年)、山内大夢(早大・2年)は関東インカレに続くPB更新の期待もかかる。速さだけでなく、技術、タフさ、勢いそして強さが大いに求められるこのサバイバルレースを勝ち抜くのは一体誰か。最後の最後まで目が離せない約50秒の戦いが今、始まる。

山内 大夢 早稲田大学
PB:50.71
SB:50.71
意気込み:初めてのナイターレースなので楽しんで走りたいです。

豊田 将樹 法政大学
PB:49.05
SB:49.05
意気込み:49秒台出して優勝目指します

高田 一就 法政大学
PB:50.27
SB:50.31
意気込み:ライバルは樋口陸人です。

黒田 佳祐 日本大学
PB:50.56
SB:50.56
意気込み:"今持てる力を出し切ります。がんばりき。"

都 康炳 同志社大学
PB:49.71
SB:49.71
意気込み:楽しみつつ、自己ベストを出せるように頑張ります!

小田 将矢 名古屋大学
PB:49.60
SB:49.60
意気込み:

真野 悠太郎 名古屋大学
PB:49.50
SB:49.93
意気込み:

北山 亮介 国士舘大学
PB:50.75
SB:50.75
意気込み:

川越 広弥 城西大学
PB:50.73
SB:50.73
意気込み:自己ベスト更新且つ優勝目指して頑張ります。

前野 景 ドーム
PB:49.06
SB:49.70
意気込み:

須貝 充 新潟アルビレックスRC
PB:50.00
SB:50.03
意気込み:

 

 

走高跳

【大会記録への挑戦】

 

今年2月に日本記録が更新され注目度が高まってきているこの種目。注目選手は日本選手権3位の佐藤凌(東日印刷)と5月の水戸招待陸上において大会記録で優勝した赤松諒一(岐阜大院・2年)。いずれも大会記録を越える2m24を今季マークしており記録更新の期待がかかる。また関東インカレにおいて自己ベストを更新し悲願の初優勝を果たした平塚玄空(4年)と平塚に次ぐ2位の橋本陸(4年)の日大コンビも優勝争いに絡めるか。夕日が差し込む日吉を舞台に、高く美しい跳躍が観客を魅了するだろう。

野中 廉也 順天堂大学
PB:2m16
SB:2m11
意気込み:"誰よりも楽しんで、大事に丁寧に慎重に。そして豪快に跳びます!応援よろしくお願いします!"

今井 朋樹 順天堂大学
PB:2m11
SB:2m06
意気込み:精一杯頑張ります!

高良 留佳 国際武道大学
PB:2m13
SB:2m05
意気込み:

石川 遼 慶應義塾大学
PB:2m09
SB:2m09
意気込み:競技生活最後の年です。色々ありましたが、自分に出来る事を尽くします?

柴田 涼太郎 筑波大学
PB:2m09
SB:2m05
意気込み:踏み切る角度は45度。

平塚 玄空 日本大学
PB:2m11
SB:2m11
意気込み:"勝ちにこだわって一本一本跳びます。
応援よろしくお願いします。"

橋本 陸 日本大学
PB:2m13
SB:2m08
意気込み:自己ベスト更新目指して頑張ります。

佐藤 凌 東日本印刷
PB:2m27
SB:2m27
意気込み:

高橋 佳五 東海大学
PB:2m13
SB:2m05
意気込み:

太田 蒼 東海大学
PB:2m15
SB:2m05
意気込み:

赤松 諒一 岐阜大学大学院
PB:2m25
SB:2m24
意気込み:

 

 

男子三段跳

【2大会ぶり開催 迫力ある跳躍に注目!】

 

 注目選手は、13回大会で2位入賞を果たした柿埜涼生(ゴールドジム)。15m98の自己ベストを持ち、先月の日本選手権では3位入賞と勢いに乗っている。そして学生では関東インカレで2位入賞に輝いた上坂樹稀(国士大・4年)にも対抗馬として期待がかかる。国士大出身の先輩でもある柿埜にどこまで迫れるか。そして関東インカレで自己ベストを15m83に伸ばし、3位入賞した村上大雅(日大・4年)をはじめとした実力ある学生陣が上位をうかがう。踏み切ってから3つのジャンプを経て着地をし、記録を競うこの競技。助走のスピードを生かしながら力強く跳躍する選手たちのパフォーマンスから目が離せない。

松田 基 筑波大学
PB:15m57
SB:15m45
意気込み:跳躍は水切り25°!

相馬 奨之介 日本体育大学
PB:15m75
SB:15m75
意気込み:

村上 大雅 日本大学
PB:15m83
SB:15m83
意気込み:怪我をしないように頑張ります。

柿埜 涼生 ゴールドジム
PB:16m03
SB:16m03
意気込み:色々貪欲に…。

池畠 旭佳瑠 駿台AC
PB:16m20
SB:16m09
意気込み:ヒョウ柄のユニフォームが良い記録と共に目立つように頑張ります。

上坂 樹稀 国士舘大学
PB:15m88
SB:15m88
意気込み:優勝目指してがんばります!

及川 知浩 国士舘大学
PB:15m45
SB:15m45
意気込み:ベスト更新!そして優勝!

菊地 祐二 城西大学
PB:15m22
SB:15m04
意気込み:

中西 修平 東海大学
PB:15m84
SB:15m80
意気込み:

一戸 和成 東海大学
PB:15m63
SB:15m63
意気込み:

 

 

男子砲丸投

【日本選手権王者参戦! 快投なるか】

 

有力選手は、6月に行われた日本選手権で17m58のPBで優勝した武田歴次(日大桜門陸友会)。日本選手権に続き、今大会も制することができるか。また、5月の関東インカレにおいて17m07の投てきでPBを更新、続く日本学生個人でも優勝と現在波に乗っているのが、岩佐隆時(東海大・3年)。この二人を筆頭とする熱い戦いに期待したい。また、関東インカレ2位、3位と健闘した羽生田智(筑波大・3年)、佐藤皓人(日大・2年)も出場。若手選手とトップ選手の優勝争い、また、個人の記録更新といった熱い戦いになることが予想される。

羽生田 智 筑波大学
PB:16m61
SB:16m61
意気込み:私は、今まではこのような学生トップレベルの大会に出れるような選手ではありませんでしたが、今シーズンはこれまでの取り組みが実り、順調にベスト記録を更新することができています。本大会でもこの勢いのまま、優勝目指して頑張りたいと思います。

松田 貫汰 筑波大学
PB:15m82
SB:15m82
意気込み:"初めてのトワイライト
チャレンジャー精神を忘れずに全力でぶつかります!"

谷中宏太朗 筑波大学
PB:15m41
SB:15m41
意気込み:

天野 光汰 法政大学
PB:15m20
SB:15m20
意気込み:自己ベスト狙って頑張ります。

栗本 恭宏 東京学芸大学
PB:15m06
SB:15m06
意気込み:

佐藤 皓人 日本大学
PB:16m39
SB:16m39
意気込み:自己ベスト更新を目標に頑張ります。

白藤 聖陽 日本大学
PB:16m06
SB:16m06
意気込み:納得のいく投てきが出来るように頑張ります。

佐野 拓人 流通経済大学
PB:15m25
SB:15m25
意気込み:16m以上投げて上位入賞します。

武田 歴次 日大桜門陸友会
PB:17m70
SB:17m58
意気込み:頑張ります!

畑瀬 聡 日大桜門陸友会
PB:18m78
SB:17m03
意気込み:ガチで勝ちにいきます!

氏家 豪留 国士舘大学
PB:15m74
SB:15m74
意気込み:優勝目指してがんばります!

甲斐 達也 東海大学
PB:15m10
SB:15m10
意気込み:

岩佐 隆時 東海大学
PB:17m07
SB:17m07
意気込み:

佐藤 征平 新潟アルビレックスRC
PB:18m13
SB:18m13
意気込み:

 

 

男子やり投

【トップ選手が集う勢いあるパフォーマンスに目が離せない】

 

注目選手は今年の日本選手権で79m42をマークし、見事優勝を果たした新井涼平(スズキ浜松AC)。自身が持つ日本歴代2位、アジア歴代4位の86m83の記録更新となるか。新井に対抗するのは、80m18の自己ベストをもつ小南拓人(筑波銀行)。日本選手権3位入賞の実力者だ。また、昨年の日本インカレ、今年の関東インカレで優勝を果たし、先日行われたユニバーシアードでも入賞した長沼元(国士舘大・4年)も勢いそのままに記録更新に期待したい。日本のトップ選手が集結したハイレベルな優勝争いにご注目。

塩川 拓 国際武道大学
PB:72m50
SB:69m79
意気込み:トワイライトゲームスはハイレベルな試合で賞金もあるとお聞きしましたので、自己ベスト更新&賞金獲得目指して頑張ります!!

畦地 将史 慶應義塾大学
PB:71m14
SB:71m14
意気込み:There is always light behind the clouds.
        (雲の向こうは、いつも青空)

鐘ヶ江 周 慶應義塾大学
PB:68m66
SB:68m66
意気込み:

岡本 直樹 上武大学
PB:68m38
SB:68m38
意気込み:

田中 大智 上武大学
PB:66m69
SB:66m69
意気込み:

池川 博史 筑波大学
PB:72m84
SB:70m26
意気込み:自己ベスト更新して日本選手権標準切ります!

塩川 航平 中央大学
PB:72m10
SB:70m29
意気込み:

土佐 尚暉 中央大学
PB:67m28
SB:67m28
意気込み:

宗田 龍生 日本体育大学
PB:69m25
SB:68m71
意気込み:

前田 秀悟 法政大学
PB:70m81
SB:70m81
意気込み:曽我さんの分まで頑張ります。

新井 涼平 スズキ浜松AC
PB:86m83
SB:82m03
意気込み:全力で投げます。

小椋 健司 日本体育施設
PB:78m67
SB:78m67
意気込み:

長沼 元 国士舘大学
PB:79m42
SB:79m33
意気込み:80m越えを目指します!

蝶名林 宏樹 国士舘大学
PB:71m09
SB:71m09
意気込み:先輩方に負けないようにがんばります!

相原 大聖 日本大学大学院
PB:77m41
SB:74m11
意気込み:

小南 拓人 筑波大学
PB:80m18
SB:78m09
意気込み:

 

 

男子4×100mR

【バトン×走力】

 

 日本陸上競技界のお家芸ともいえるこの種目。
 優勝の最右翼は関東インカレ優勝の中央大学。この種目では日本インカレで6連覇を果たしており、抜群の勝負強さを発揮し優勝を目指す。対抗馬は関東インカレにて0.02秒差で惜しくも優勝を逃した東洋大学。エース宮本を中心にを狙う。また、今大会も韓国チームが参戦。前回大会では優勝しており今大会も間違いなく優勝を狙ってくるだろう。チーム間に大きな力の差はなく、1つのバトンミスが命取りとなりうる。
 また、各大学のバトンパスの仕方に注目するのもおもしろいだろう。オーバーハンドパスなのか、アンダーハンドパスをしているのか、各大学の違いに注目するのもまた新たな楽しみとなろう。

立教大学 
東川 隼人・利田 大紀・吉田 啓輔 
阿部 一輝・熊井 裕人・平野 壮太
SB:42.02

慶應義塾大学 
富山 弘貴・大川弘太郎・藤村 大生
山口 大輝・青見  聖・酒井 由吾

SB:40.92

東京農業大学 
小島 健晟・漣  和留・白石 幸大
大坪 未樹・後藤 瑞貴・井口 雅貴

SB:40.62

作新学院大学 
上野 利隼・茂呂 柊汰・中里 将基
江田 尋貴・熊澤 尚央・渡部 航平

SB:39.93

東京学芸大学 
豊嶋 琉久・直井 貴哉・吉田 京平
大芝 健人・古川 剛正・濱道  健

SB:40.55

流通経済大学 
田中 優作・高坂 明斗・小野里 徹
木内 颯太・五十嵐伶音・林  晃生

SB:40.73

東京大学 
井上  昴・聲高 健吾・平井 智史
村井  輝・竹井 尚也

SB:40.85

国際武道大学 
大久保孝乙・天野 規朝・村上 友介
谷川  廉・奥口 歩夢・外川 天寿

SB:39.63

城西大学 
中田 健太・鷹觜 郷護・市川凛太朗
水久保漱至・齊籐 斗把・菅原  巧

SB:39.56

中央大学 
大久保公彦・宮城 辰郎・飯塚 拓巳
落合 廉・天城 陽太・山本 未来

SB:39.04

KOREA 韓国
MO Ilhwan・PARK Taegeon・PARK Sie young
KO Seunghwan・LEE Gyuhyeong
SB:39.22

東洋大学 
松尾 隆雅・大橋 尚之・渡邉  陵
伊藤 羅生・田村 直也・木立夢優人

SB:39.06

順天堂大学 
木下 裕貴・小澤 亮太・根本 万大
鷲尾 智樹・藤田 祥平

SB:39.31

法政大学 
樋口 一馬・直野 孝斗・宮下 大輝
江藤 拓都・樋口 陸人・奥田信太郎

SB:39.41

 

 

男子4×400mR

【鍵となる采配】

 

バトンパスの技術を要する4×100mRとは異なり、各個人の走りが大きく影響するこの種目。注目チームは東洋大。リオ五輪400m代表のウォルシュジュリアンジャミィ(現・富士通)の卒業後も総合力の高い走りをみせ、今年の関東インカレでは初タイトルを獲得。これを追うのは早大か。伊東利来也(3年)は4月のアジア選手権、5月の世界リレーと立て続けに世界大会へ出場する中、関東インカレでは400m3位、4×400mR2位と涙をのんだ。東洋大への伊東のリベンジにも期待したい。また、駿河台大学からは世界リレー代表の若林康太(4年)が出場予定。1人の走りで順位が大きく入れ替わる可能性があるため、最後の最後まで目が離せない。

法政大学 
豊田 将樹・高田 蹴一・樋口 一馬
淺利玖朗人・白井 一央・村石 怜司

SB:3:08.73

慶應義塾大学 
大谷 尚文・宮澤 剛史・小澤 亮太
小杉山秀晴・岩政 亮汰・小林児太朗

SB:3:13.11

東洋大学 
吉津 拓歩・木立夢優人・増子 雄太
齊藤 旬亮・柴崎 悠斗・中澤 凌太

SB:3:06.29

中央大学 
船越 翔太・山口 直槻・倉田信太朗
野田 大河・野崎 俊伍・西  丈澄

SB:3:06.72

早稲田大学 
三浦励央奈・山内 大夢・折田 歩夢
小竹 理恩・高柿 裕斗・澤  大地

SB:3:06.47

駿河台大学 
若林 康太・名倉 大悟・皆川 龍仁
清宮 史貴・小清水悠介・志賀 優晟

SB:3:08.47

順天堂大学 
岩崎 崇文・浅子 隆一・三好  蓮
小野寺将太・天野 伊織・金田 理希

SB:3:07.72

 

 


トワイライト・ゲームスとは 観戦応募 大会記録 歴代優勝者 大会要項 タイムテーブル